膣ケア

膣ケア(美膣)にホルモンリンパ美容痩身

膣ケア

膣ケアは、膣の潤い・血流・弾力を適正に保つ又は適正に戻るように導き、内側から輝く肌艶の美しさと健康を保つ女性ホルモンの乱れのケアに大変有効なケアです。

膣の潤い膣ケアの重要性

膣の潤いは免疫力であり、女性のお身体を細菌やウイルスから守る役割を果たします。膣の状態は子宮の働きとつながり、膣の潤いが良いと子宮の働きは健全に向かい生理の乱れや女性ホルモンの乱れによる様々な症状を緩和に導くとされています。

生理・排泄・性交・妊娠・出産の全てに関わるのが女性ホルモンの分泌とバランスであり膣の状態です。

女性ホルモンの分泌とバランスが保たれ、粘膜がたくさん水分を含んだ良好な膣の状態が理想的です。

性交においては、膣の潤いはスムーズな性交に必要不可欠です。

セルフプレジャーや性交で膣内の血流が良くなり健全な弾力が保たれ膣内がしっかり潤い快感を得られることはストレスを解消し女性ホルモンが分泌され膣及びデリケートゾーンの状態が良好に保たれ肌艶のある美しさとなって表れます。

また、膣の潤いをしっかり保つことでセックスレスの要因(性交痛)の予防になります。

性交は、GSMのようなデリケートゾーン及び膣の不快症状の標準の治療法として推奨されています。定期的に性交を楽しむことが膣ケアの一環なのです。

膣を劣化(乾燥・萎縮)させない膣ケア

アラフォー・40代以降の女性は女性ホルモンが減少してホルモンバランスが乱れる影響で膣を長期的(2か月以上)に使わないと膣が乾燥し、膣萎縮を始め、性交痛や痒み・臭いなどの症状が2人に一人程度というとても高い確率で出やすくなります。

そのまま何もせずに期間が経過しますとその症状は進行しますので、定期的(約1か月毎)に膣ケア/デリケートゾーンケア・性交・セルフプレジャーの全て又はいずれかを生活に取り入れることがとても大切です。

アラサー・30代女性におかれましては、お仕事などによるストレス・疲労・寝不足・不規則な生活や食生活の偏りなどの影響により自律神経が乱れることで女性ホルモンのバランスが乱れ、更年期障害と同様の症状(プチ更年期)が現れ、その症状の中には月経不順と共に膣の乾燥、膣の萎縮が含まれますのでデリケートゾーン及び膣ケアはアラサー・30代から始められることが理想的と推奨されています。

さらにここでもう一つ大切なことは「更年期及び閉経の時期はずっと変わらず、人生は100年時代になった」という現実です。

寿命が延びていることは大変喜ばしいことです。
しかし、それは快適な日々があってこそ喜べることです。アラサー・30代及び40代以降に非常に高い確率(2人に一人)で起こる膣及びデリケートゾーンの不快な症状については、デリケートゾーン及び膣の潤い・血流・弾力を良好に保つケアを継続することで可能な限り症状が起こる時期を遅くする、及び、症状が起こらないようにすることがアラサー・30代及び40代以降の女性ホルモンのバランスを整え肌艶と潤いのある美しさを保ち続けて快適に過ごすためにとても大切です。

しかし、ケアをしなければいけない、という義務感に縛られるとケアを習慣づけることが難しくなります。

デリケートゾーンケア及び膣ケアの実践に加え、快感を伴う行為そのものが膣ケアやデリケートゾーンケアになり、さらに女性ホルモンの分泌とバランスの調整になりますので、パートナーがいる・いないに関わらずセルフプレジャーや性交を積極的に日々のライフスタイルに、また、定期的な楽しみとして継続的に営んでください。

膣ケアの方法

膣ケアの方法は、洗浄と保湿とマッサージです。
・腟にも使用できる専用のソープなどをよく泡立てて、こすらずにやさしく洗います。
・ボディ用オイルなどでデリケートゾーンをほぐす、保湿クリームを塗る。
・膣内に指を入れて膣内をほぐす。(人差し指→お腹側へほぐす、親指→肛門側へほぐす)

さらに、お腹・太もも・鼠径部・ヒップのリンパケアを併用することで膣ケアの効果がぐっと高まります。

セルフケアを行う場合、「腕が疲れる」「やり方が難しい」「正しく出来てるか不安」など、ケアを継続しづらい女性が少なくないと考えられますのでリンパケアなど特に定期的にサロンケアをご利用いただけますと膣ケア効果が高まりますので是非ご利用下さい。

膣ケアに効果的なホルモンリンパ美容痩身

梅田本院のホルモンリンパ美容痩身の施術内容には、太もも・鼠径部・お腹のリンパをしっかり流す施術をご提供しており、ホルモンリンパ美容痩身のリンパケアの施術内容はデリケートゾーンケア・膣ケアで推奨されるのリンパケアを含む効果的なリンパケアです。

ぜひ、膣及びデリケートゾーンの月に一度程度の定期的なサロンケアにホルモンリンパ美容痩身をご利用ください。

このページの内容はメニューにございませんが、ご来院の際にサロンでご希望・ご相談を伺わせていただきます。
ご遠慮なくお伝えください。
※このページ内容に関するご相談等は無料です。