女性ホルモンケアの要~女性「性」

ホルモンリンパケアで整え「女性性」を愉しみ女性ホルモンの潤いを保ち内側から美しく健やかに

女性ホルモンの乱れを整えるために役立つケアとして当院でもご提供させていただいている疲労のケア、ストレスの解消、血行の促進、リンパの流れの促進や、レディースクリニックのホルモン治療などが上げられますが、女性お一人様お一人様のライフスタイルの中で行われる有効な女性ホルモンのケアとしてのとして「性の営み」が挙げられます。

性の営みは女性ホルモンの分泌及びホルモンケアの標準的な基礎となります。

性の営みの方法は、セルフ又はパートナーの方とのどちらも有効で、セルフプレジャーやセックス(性交)を行うことで快感と膣内の刺激及びオーガズム得られ、女性の一生涯の健康と美容に影響を与え続ける女性ホルモンのケアに大変有効な行為であり、他に気持良さの比較ができない女性の美容と健康とホルモンケアと快楽を兼ねた楽しみでありケアです。

特にお仕事やプライベートで活動的で女性ホルモンの乱れが起こりやすい~アラフィフ女性のホルモンケアとしての性の営みの重要性は大きいといえます。

性を十分に愉しむ為には、デリケートゾーン及び膣のコンディションが良好でなければ愉しめません。また、デリケートゾーン及び膣が乾燥や萎縮等のお状態にある場合は、リンパ・血流の流れを促進し、膣粘液のアップを図り女性の性を愉しめるように定期的に整える事が大事です。

ホルモンリンパ美容痩身/ホルモンリンパアロマリラックスでは、心と身体をホルモンリンパケアで整えパートナーの有無に関わらず30代40代アラフィフの女性性を存分にお愉しみいただけますようお体を整え女性ホルモンのケアをさせていただいています。

女性性は心と身体に良いことづくめ

セックスは予防や治療として標準推奨

デリケートゾーンの不快な症状及びGSMをクリニック以外の方法でケアする方法として医師の先生方が推奨されているケアはいくつかあり、以下に例を挙げます。

デリケートゾーン/膣ケア
クリーニング、ほぐす、保湿
リンパケア(腹部、鼠径部、太もも)
性交
骨盤底筋トレーニング

デリケートゾーンケア/膣ケアや骨盤底筋トレーニングといったケアと同じくして性交が明確にケアとして推奨されているのです。

女性医療クリニックの医師は次のようにお話しされています。

性交は、女性ホルモンの乱れの影響に対する予防や治療として標準的に推奨されている方法です。膣にペニスを挿入することで血流がよくなり、萎縮の予防効果が得られます。」

「パートナーがいない場合は、「膣ダイレーター(膣に挿入する棒状の器具)」「ディルド(ペニスに近い大きさの性具)」「バイブレーター(ペニスに近い大きさの性具で振動機能がある)」などの使用が勧められています。」

パートナーがいる又は、いないに関わらず、性交が思うようにできる環境がある方・無い方がおられることと存じます。

ご自身の環境がどのようなであってもデリケートゾーンの症状及びGSMは女性のどなたにも起こりうることであり、予防やケアの大切さは全ての女性に共通するものといえます。

前述の通り、医学の世界からも「性交が予防や治療として標準的に推奨されている」ということですので、性交の機会がある方はケアとしての効能もあることを頭の片隅に置いて今後も引き続き楽しんでいただくことがおすすめです。

性交の機会が少なくなられている、又は、長期間無い女性の方は、性交が不足することで膣萎縮やデリケートゾーンの症状が進行しやすい環境になりますのでご自身のお身体を大切に美容と健康のために意識的に上手く性生活の楽しみを取り入れられてデリケートゾーンの症状を予防・対策されることをおすすめいたします。

女性が性交/オーガズムから得られる多くの効能

・ストレス解消
・美肌効果
女性ホルモンの分泌
・睡眠の質の向上
・精神安定
・アンチエイジング効果
・頭痛の軽減
・脳機能の向上
・免疫力のアップ
・むくみの解消
・ダイエット効果、など

薬などの効果に頼ることなくこれほど多くの効果が得られる「」は、女性にとって美容と健康にとても役立つ行いであることは間違いありません。

また、性交痛外来の女性医師が確認された女性の性に関する研究結果によれば、オーガズム(オルガズム)によって女性のホルモンが分泌されていることが確認してされているとのことで、ときめきや性交及びオーガズムによって女性ホルモンが分泌されるか、しないか、について様々な情報がいろんな機関から伝えられていますが、医師によってオーガズムによる女性ホルモンの分泌は確認されているので積極的にオーガズム(オルガズム)を楽しむことはホルモンケアに多いに役立つといえます。

デリケートゾーンの潤いに毎月の性交と定期ケアがとても大切です

デリケートゾーンをケアしてデリケートゾーンの潤いを保つ又は取り戻すことは、40代アラフィフ女性が一人の女性としての「らしさ」を取り戻すことです。人生100歳時代のこれからの40代アラフィフは長く美しく健康であるために女性ホルモンと上手く付き合いながら女性の艶と潤いを保つ生き方が大切になります。

40代アラフィフデリケートゾーンケア/膣ケアが不足しますと「性交痛」を一例に挙げますと2~3ヶ月間性交が無いだけで膣萎縮が始まり性交痛が起こります。さらにそのまま性交が無ければたったの1年で膣萎縮が完成し、性交痛以外にも膣の乾燥・おりもの異常・頻尿などの様々な症状が起こります。

逆にいえば、2〜3ヶ月間の性交がない状況を作らないように最低でも1ヶ月に1〜2回の性交が必要であり、月に1〜2回の性交を毎月楽しめるようにするために日々のデリケートゾーンケア/膣ケア及びデリケートゾーンケア/膣ケアに併用が強く推奨されているリンパケアをセルフが難しくご負担が大きい場合はサロンで月に1回はご利用されることが良いといえます。

このように40代アラフィフの女性ホルモンの急激な低下により症状の進行はとても早いためケアは「継続し続ける」ことがとても大切です。

約2ヶ月で症状は起こりますので、ぜひ月に一度はデリケートケアに役立つ大阪梅田本院のホルモンリンパ美容痩身/ホルモンリンパアロマリラックスをぜひ定期的なホルモンケアにお役立てください。

性行為の回数を増す大きなメリット

閉経前の30代40代アラフィフ女性の心と身体は、女性ホルモン(エスとロゲン)の働きによる様々な恩恵により大切に守られています。

女性嬉しいエストロゲンの働き

肌のきめ細やかさ・潤い
コレステロール値を下げる働き
乳腺を発達させる働き
デリケートゾーン・性器・泌尿器科の若さを保つ働き
髪の毛の腰やハリを保つ
骨の量を強く保つ
脳の安定・気持ちを穏やかにし、イライラさせない
体温を安定させ、低体温を防ぐ
月経・妊娠に働く

上記のエストロゲンの働きをご覧いただけますとお分かりいただけますように、女性の心と身体の健康と美容の全てに大きく女性ホルモンが関わっていますので女性ホルモンの状態は常に良好であるように保てるのが理想的です。

しかし、閉経が近づくことでホルモンバランスが乱れエストロゲンの恩恵が不安定になります。

※女性ホルモンのバランスの乱れは、40代以降の女性だけでなく、アラサー30代の多くの女性にも起こっています。

閉経を迎えますと女性ホルモンの産出が止まりますので女性ホルモンの欠乏により不快な症状が進行したり、お身体に様々な変化が起こります。

その為、可能な限り閉経の時期を遅らせて一日も長くエストロゲンの恩恵を受け、潤いのある美しさと心と身体の健康を保つことがとても好ましいです。

豊富な回数の性行為が閉経を遅くします

閉経を遅らせる方法は「豊富な性行為の回数」です。
毎月の性行為の回数が、または、毎週の性行為の回数が多ければ多いほど女性ホルモンが活性化されて閉経を遅くしてくれます。

※米の研究機関が10年間に渡り性行為の頻度と閉経のについて追跡調査したデータが公表されており、性行為を月に1回又は1回未満行う女性と週に1回性行為を行う女性の閉経の時期を調べた結果、週に1回性行為を行う多くの女性に閉経の時期が遅くなる結果が得られています。

すなわち、30代40代アラフィフ女性は性行為の回数を増やすことで閉経を遅くすることが出来るということです。

この場合の性行為の内容は、以下の内容の全てにおいて有効です。

▼性行為
・挿入を伴う性行為
・愛撫
・オーラルセックス、
・セルフプレジャー

上記の全ての行為のどれを頻繁に行っても同様に閉経の時期を遅らせることに役立つということです。

逆に、30代40代のホルモンバランスの乱れが長期間続いたり、性行為の頻度が少なすぎる場合は、閉経の時期が早くなることが実際にございます。

女性の心と身体と美容のために、頻繁な性行為がとても大切です。

当院のホルモンリンパ美容痩身及びホルモンリンパアロマリラックスは、性行為を存分にお愉しみいただける心とお身体のコンディショニングにとても有効なホルモンリンパケアです。
ぜひ、ご予約をお待ちいたしております。

また、閉経後は、女性ホルモンが分泌されなくなり不快症状が進行しやすくなる為、その時点で身体にある女性ホルモンをさらにしっかりケアすることが重要になります。
※症状が著しい場合は、医療機関をご利用ください。

梅田本院は、お客様の個人的な人間関係に関わりがなく、医療機関ほど敷居が高くありませんのでお話づらい内容も比較的ご相談いただきやすいと考えられます。

※ご相談いただいた内容は秘密厳守とさせていただきます。お客様の個人情報の保護の徹底に努めます。

Top